普通の不動産売買にはないリスク

競売とは異なる普通の不動産売買では、売主には瑕疵担保責任とよばれる義務があります。例えば、不動産売買をした時点では買主が注意を払ってもまったくわからなかった、天井の雨漏り、柱の腐食のような隠れた瑕疵、すなわち欠陥があった場合について、買主からの請求に応じて、売主の側に修理費を負担したり、損害賠償をしたりする義務があるということです。新築住宅の場合は住宅瑕疵担保履行法という法律によって10年間、中古住宅でも売主が宅地建物取引業者であれば2年間は、それぞれ認められるということになっています。


椅子と観葉植物
ところが、競売物件の場合には、そもそも売主にあたる人がいないため、こうした責任を誰も負うことがありません。要するに、もしも雨漏りなどが落札後に見つかってしまった場合については、落札者が修理費などのすべての費用をみずから負担しなければならないということになってしまいます。
競売の前には裁判所から派遣された執行官や評価人が現地を確認しており、その際の写真などはインターネット上や裁判所の閲覧室でも公開されてはいますが、実際に建物の良し悪しなどを判断するだけの決定的な情報とはいえず、かなりのリスクがつきまといます。

コメントを受け付けておりません。