買っても住めない?競売物件

人生の中で最も大きい買い物の一つに生涯住む家を購入することですが、その生涯住む家において通常よりも安く買える方法としてあるのが競売物件です。この競売物件は前の持ち主が何らかの事情によって立ち退いた際に、その家を壊すのではなくそのままの状態で即座に住めるようにしています。そのため建築費を削った部分で取引を行うため安く買えるため都市部で注目されている物件なのですが、しかし競売物件はある注意点を把握していないと買っても住めないという状況に陥ることがあります。この競売物件で飼ったにもかかわらず住めないことが発生するのは、先に言った何らかの事情で前の持ち主が家を立ち退いたという部分が関係しています。


椅子と絵画と花通常の不動産売買では所有権の移転だけでなく、その不動産を次の買主に引き渡し義務があります。本来売りに出された不動産は居住用の物件なら居住者がいれば立ち退いてもらった上で鍵の引き渡しや家の設備の説明をした後に、その家の隣の境界線の説明や抵当権や賃借権があれば引き渡しまでに抹消しておく事が義務です。しかし競売物件の場合裁判所は所有権の移転までは行うが義務自体を行なう規定が無いため、購入した物件に既に住んでいる人がいたような場合は競売とは別の手続きによって明け渡しを求めなければならない場合やいない場合でも鍵の明け渡し義務が無いためその物件に合う鍵を専門の製造点に依頼して作ってもらわなければならないのです。この立ち退き勧告や鍵の明け渡し義務が無いことによる鍵の製造期間があることによって、この競売物件は安く購入できてもこのデメリットを把握しないと買っても住めない状況になるので注意が必要です。

コメントを受け付けておりません。