競売に参加するには

一般的に競売と言えば、例えば住宅等を購入された方が、ローンの返済を継続することが困難になった際に、裁判所によって売り出される物件が相当しており、競売物件と呼ばれることになります。


デスク02この物件に関しては一般的な不動産会社から販売されるよりも安く入手することができるものとしても認知されており、不動産の購入を希望されている方から、投資用として不動産の所有を望む方などから注目されている内容を持っています。競売に参加するためには、裁判所からの公示を待つことになります。この点に関しては一般的な不動産売買とは異なって、いつ発表されるのかを判断することが難しい一面を持っていることによって、常に注目しておくことが良い方法とされています。公示された後には、物件の調査を行うことが必要になります。その結果として入札する金額を算定することが必要とされており、実際に入札するためには10分の2以上の保証金を支払うことが必要とされています。期間入札という言葉がありますが、全ての物件に対して規定されている部分になり、通常では1週間程度に設定されていることになります。その間に入札を行って、最高額を提示した方が落札する流れになっており、残金を支払うことによって物件を入手することができます。

コメントを受け付けておりません。