入札期間を過ぎた場合

不動産を担保としている住宅ローンなどの返済が困難になった場合には、債権者は民事執行法に基づき担保となっている不動産を売却して債権を回収します。このことを抵当権の実行と言い、裁判所に申し立てることにより出来ます。
抵当権の実行が行われた不動産は裁判所により売りに出されます。まずは一定の期限を決めて期間入札を行い、最高買い受け申出人を決めます。
しかし期間入札で一人も買い受け申出人が現れなかった場合は、次に特別売却を行います。この売却方法は先着順による売却方法です。期間内に最も早く申し出た買い受け人が売却先として決定しますので、もし最初の買い受け申出人よりも高額の買い受け額で申し出ても購入は出来ません。


ベッド
もしこの時点でも買い受け申出人が決まらない場合には、最低売却価格を見直して再度期間入札を行います。
買い受け人が決定しましたら、買受人より20%の保証金が支払われことになります。
このように期間入札で一人も入札をしなかった物件ですので、何らかの問題があるかもしれないことを注意しなければいけません。割安で物件を入手することが出来ますが、購入後に物件の状態や立ち退きの問題などが発生してしまいますと、一般の素人ではなかなか解決出来ません。入札の際は、価格だけではなく様々な面を確認する必要があります。

コメントを受け付けておりません。